niccoroのまわり

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「2013夏・大阪京都旅行3 そうだ京都、行こう」

二日目は嵐山から金閣寺まで有名寺社を見物しました

天龍寺、龍安寺、金閣寺、北野天満宮と見ていったのですが

今回は一番感動した石清水八幡宮の夜間拝観について書きたいと思います


さて、実は今回の旅行行く場所にずいぶん悩みました

前回は初めての京都ということで、行きたい場所はすんなり出て来ましたし

更にちょうどお盆の時期でしたので大文字鑑賞を中心に予定を立てたのですが

今回は特にそういうコトもなく、行く場所の候補が相並ぶ状態でした

ただ昼間の京都北西観光は割とスッキリ決まったのです

龍安寺とか金閣寺とか見てみたかったですしね

ただ夜となると嵐山の鵜飼や化野念仏寺の燈籠供養などが朝の場所から近かったのですが

どうも決定力に欠ける印象で、どうにも決めかねる状態が続いたんです

モチロン石清水夜間拝観も候補には上がっていました、タダ いかんせん遠い

さらに周りには何もないので本当に石清水だけが目的になってしまうのがネックでして

すんなりと決定、ということにはなりませんでした

ですが、そんなときに再び目にした「そうだ京都、行こう」のCM

実際にはYou Tubeで確認したのですが、やっぱりイイ

あの暗い中に浮かび上がる社殿が私の迷いを吹き飛ばしてくれました

こんな風景を見たい、という単純な気持ちで2日目夜を決めました


京都駅から30分少々、石清水八幡宮の足元八幡市駅に着いたのは

すこしばかり手違いもあって夜の7時20分頃(本当は6時半には着いていたかった)

八幡宮までは15分刻みで出ている男山ケーブルカーで向かいました

山頂口には虫よけスプレーと提灯の貸し出しがあり、一つ受け取って向かいます

さあ、まず驚いたのが道の暗いこと暗いこと

持っている提灯の他は道の両脇ポツポツある小さな明かりが道を照らすだけです

昼間の暑さも随分と和らいで、虫の声と足音が聴こえるものの全てで

チョッと水のにおいも感じたりして、昔行ったキャンプ場での夜を思い出しました


暗さに惑いながらもひとつの角を曲がると見えてきたのは 驚きの世界(゚ロ゚;
201309021233301.jpg

赤く照らされた鳥居の先に、青い光が参道を照らして遠くに見える門まで続いています
20130902123330.jpg

まさに 非日常!! とんでもない雰囲気に息をのみました

非常に厳粛な気持ちになって参道を進んで門をくぐると………

201309021233302.jpg

これが、石清水八幡宮

超スゲエ!!

もう少し早かったら暗くなっていく空を背景に見ることができたのですが

着いた時には空は真っ暗でした ですが、これでも十分にすごい

真っ暗な空に浮かび上がる鮮やかな社殿はCMにも負けていません


一通り写真を撮って本殿特別拝観

神社の人(権禰宜の方かな?)に社殿内部の賽銭箱前まで先導されました

外にも賽銭箱があったので2つあることになりますね

大幣でお祓いを受けてから、この神社の説明を受けました(以下説明)

石清水八幡宮は今から1200年ほど前

大安寺の僧侶行教が大分の宇佐神宮に参拝した際に夢告を受け

八幡神を都の守護のために勧請したのが始めだといいます

都の近くに来たときに再び夜にお告げがあり

「私が移るのは石清水の男山である。私はそこに現れるだろう」

そう聞いて行教が驚いて南を見ると、山の上に光が射していた・・・

男山は都から見て裏鬼門に当たる要所ですから都の守護には適しています

更に大分よりもずっと近い場所に出来た八幡宮は八幡神を応神天皇、神功皇后に制定し

伊勢神宮に次ぐ「第二宗廟」となり朝廷から厚い信仰を受けたということです

さて八幡神というと軍記物語に親しんだ方なら思い出されると思いますが

たまに「南無八幡大菩薩」というセリフが出て来ます

これは当時の武士階級に八幡神、八幡大菩薩が広く信仰されていたことの現れですが

これは天皇家から賜姓した源氏が天皇家と関係が深い八幡神を氏神とし

後に武士の理想像とされた源義家が「八幡太郎」を名乗ったことで

八幡神が武神、軍神としての性格を増したことによるといいます

鎌倉の鶴岡八幡宮も頼朝が由比ヶ浜に勧請した石清水八幡宮を

鎌倉に移して幕府の守護神としたものだそうです

(細かい内容は家に帰ってから古事類苑や日本宗教辞典を見て確認しましたw)


そして、本にない内容で面白かったのが門の守護獣の説明ですね

石清水で見える外観は楼(廊?)殿と言って回廊に過ぎないものだそうですが

その楼殿の東西と南に門があり、その門を守る守護獣が配置されています

東には麒麟バク、西にはサイ、南には

霊力があると考えられていた動物に門を守らせ邪を防いでいるようです

バクは真っ暗で見られなかったのですが、それ以外はバッチリ確認しました(^^)v

まず東の麒麟 キリンビールでおなじみのアレです
201309021233303.jpg

更に西の象とサイ 象は琳派に出てくるようなグロテスクな感じがありますね
201309021233304.jpg

ただ、サイがスゴイ!! どうみてもサイに見えない!
201309021233305.jpg

説明してくれた人も甲羅を背負っているし絶対にサイだとは分からないって言ってましたw

まあ何から何まで違うから甲羅の有無だけが問題じゃないんですけどね

当時サイを見たことのある人間なんて日本にはいなかったのかもしれませんし

完全な想像で作ったのだとしたら、こうなるのも仕方ないのかな?

で楼門には龍と虎 これは説明するまでもなく有名な対ですね
201309021233306.jpg

更に信長が寄進した黄金の雨樋(本当は金と銅の混合)を実際に見たり

西門本殿側の目貫猿の木釘を確認したりとタップリな内容でした

これで500円とは・・・・・・!

神社全体で盛り上げている感じでしたし、石清水の本気を見せて頂けた気がします(-人-)アリガタヤ


--------------------------------------------------

ひとつだけ付け足しを

社殿内部に入る東門には警備の人がいたのですが、その人に話を聞くと

門の守護獣の正体が神社の人とは違っていました!!

麒麟は龍だったし、象がサイだと言っていました、バクも龍の一種だとか

神社の方には全体説明が終わった後も個人的に質問をしたりしたので

その時に守護獣の事は再度聞いていましたので間違いではないと思うのですが……

一体何が正しいのか、私は権禰宜(だよね?)の方の話を信じていますが

真相は一体・・・・・・(ゴゴゴゴゴゴ)
スポンサーサイト

| 2013旅行 | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「2013夏・大阪京都旅行2 バックドロップ」

無事、関空から出る8時20分の電車にギリギリで乗り込むことができまして

一日目の目的地、ユニバーサルスタジオ・ジャパンを目指しました

目的はあのバックドロップ、ハリウッドドリーム・ザ・ライドの後ろ向きバージョンです

何でも初日は乗るのに7,8時間掛かったとかいうトンデモ・アトラクションですね
OoBNauAPaF9ZH361377950445_1377950517.jpg

みなさんの中にも乗った方はいらっしゃるでしょうか?


さて私がUSJに到着したのは10時少し過ぎでした

雨が心配されましたが、USJに着くころには曇りになっていました ラッキー!

いや~チケット売り場の前はすごい人で、チケット購入できたのは11時過ぎですよ

私の前ですでにExpress Passはどれも売り切れていたのですが

私は事前に購入していたものを受け取ったので問題なし(`・ω・´)

バックドロップに乗るのならパスなしじゃチョッと無理がありますからね、準備は大切です

荷物をロッカーに預けたら、行動開始!!

以前来たときには見ることのできなかったウォーター・ワールドに並びました

開始1時間前には私の後ろにも人がずらーっと(¨)))))))))))))))

え? こんな人数入れるの? と思うくらいでしたが、中に入って納得

いやあ、広い広い 入ったときには既に水浴び席は満員でした、わぁおチャレンジャー

ショーの事は割愛させて頂くとして(ネタバレ禁止)、なにより前座の係員3人の掛け合いですよ

まあ、舞台の説明とか漫才っぽい掛け合いで観客を温めるのが目的なのですが

このときが 一番水掛かってた 気がします(^^;)

なんか流れでバケツ3杯の水を集中的に掛けられている人が……!

最後に三人に頭を下げられていましたし、ああいう役割の人が大切なんだなあ


ウォーター・ワールドの次は乗り物に乗りたいっていうコトでスパイダーマン・ザ・ライドに 

パス用の列も長ぁ~い、長い  >゚| ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||)ニョロニョロ

後ろの家族連れなんて係りの人にパスは並ばないためじゃないかと尋ねる位ですよ

まあ一般列は180分待ちなので、十分じゃないかな? 並んだのも結局15分くらいだったしね

それで映像がキレイになったとの噂のスパイダーマンですが

前のおじさんのがガッツリ視界に入ってきてわかんないよ~

前回は運よく最前列に座れたので、最後列+おじさんの頭の今回はイマイチと言わざるを得ない

まあ、残念ですが、乗り物系では割とよくあることですね(泣)


続いてジュラシックパーク

ジュラシックパークの映画ってよくできていましたよね、大好きでした

ただヴェロキラプトルが妙にディノニクスっぽいのが気になってましたがw

アレって映画が間違ってるのか、私が昔見てた図鑑が間違っていたのか未だに知りません

出てくる恐竜で好きなのは水から飛び出してくるパラサウロロフス

出て来方が、息が苦しくなってザバァー!! って雰囲気がかわいらしいですw

で、席が前列左端だったので左半身がビッショリ濡れました

なので汗を拭くためのタオルで頭をガシガシ拭いて、まるでお風呂上りみたいな感じに

コレはスプラッシュ系アトラクションの醍醐味ですからOK


さてさて、バックドロップのパスには使用可能時間が記載されております

その時間帯しか使用できないというもので、私のパスは15時から30分まででした

ホントはお昼も食べたかったんですが、気分が悪くなったら一大事と思って我慢

ジュラシックパークから出てきた時点で14時30分なので

あと30分で逆走します

取りあえずバックドロップ後に入るご飯処を考えながら、お土産を眺めてブラブラ

それで15時になった直後に乗りに向かいました
201308312056413.jpg

パスで入ると通常も逆走も同じところに並んで、最後に分かれました

ほとんどパス持ち限定なので私たちの後ろに人が来るまでに少し時間がかかりましたね

去年は荷物をアトラクション入口のロッカーに預けたんですが

今回は持ったまま並んで、乗る寸前に奥の棚に置くシステムでした(こっちのがイイネ)

席は2列目、なかなかイイ場所です( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

係りの人の「ばっくどろっぷ~」と気の抜けた声の合図とともに発車

思った以上に早いペースで坂を逆に上がります(早いから怖さ半減でした)

で、グイッと空を見上げ「あ、が見える」と思った瞬間にギューンと落下

わああぁああ、とか叫びながらも意外と大丈夫だな、とか思っていましたら

途中2回ヒューンと落下する所で前のバーにお腹が押し付けられて、ぐえぇえぇえ、と声が漏れ

更に最後グルッと横に2週位する所では遠心力で思いっきり椅子に押さえつけられて大変でした

それに妙に長く感じましたね 途中で速度が落ちて再加速、が何度かあったのですが

もう終わるのかな? と思って まだだ!! というのはナカナカ堪えるものです

それでも、思っていたよりは通常版と違いはありませんでしたね

最初の落下は分かっていたから大丈夫でしたが後の方はタイミングが分からずに直撃した位で

もっと大変な恐怖に襲われるかと思っていたので、十分に楽しめました(^^)v


いささかスッキリした気分で遅めのお昼ごはんへ

ガッツリとハンバーガーでもいいけど、チョッと重いかな~と思っていたので

ピザにしました お店の名前はアズーラ・ディ・カプリ ピッツァって呼んだ方がいいのかな?

それでカプリチョーザを頼んだのですがメニューに書かれているトッピングのトレビスが不明

来たピザを見ると紫キャベツベーコンが どっちがトレビスだかやっぱり不明
220130831204901.jpg

(ウチに帰ってから紫キャベツの事だと知りました(汗))

まあ、美味しければ良いと考えることを放棄してさっそく一口

カニの風味とキノコの香り、キャベツのシャキシャキ感が口に広がって 美味い!!

ただキノコの香りはトリュフなのかどうか分かりませんでした(トリュフ食べたことないので)

パリッとした生地も重くならなくてイイね!! 大変満足致しました( ̄3 ̄)=3 


食事を終えて時間をみると16時30分 残ったパスの消費にバック・トゥ・ザ・フューチャー

ガクガクしたことを除くと、隣の人が場面転換のたびに大喜びしていたのが印象に残っています

やっぱりアトラクションは騒いでナンボ ですね


出るとパレードまでに、あと一つ並んで乗るとちょうど良いかな、という時間でした

ここで選んだのは待ち時間も考えてスペース・ファンタジー・ザ・ライド

前回私の心に最大の印象を残していった問題アトラクションです

暗い中をグルグル回りながらすごいスピードで落ちたり上がったりするんですが

後ろ向きで落ちるのが怖くて怖くて……

前に来たときにはハリウッドよりも、よほど怖かった印象があります

他の人がどうかは分かりませんが、私にとってのUSJ最恐アトラクションです

で、せっかくだからこの機会に せっかくだから最恐決めようぜ というノリに

乗ってみると、やっぱりスゴイ!!

スピード感は、周りが見えないからかもしれないけど、NO.1じゃないかな?

ただ今回は心構えが完了していた為か、前回ほどのショックは受けずに済みました

後ろ向きに落ちたのが1度だけだったのも大きいかも知れません

ですが、私の最恐はやっぱりコイツ

暗い中をガーッと進むのはそれだけで怖い! バックドロップは楽しかったものね(^^;)


パレードの観賞場所はスペース・ファンタジーの前のグッズ売り場の近くにしました

というか、ソコ以外ぜんぜん空いていないんだもの

開始10分前から2列目以降の人は立って待機することになったのですが

私は運よく一列目だったので大丈夫でした

ただ、ちっちゃいシートでも2列目以降だと立たなきゃいけないのは大変ですね

隣の家族はやむなく子どもを前にして親が後ろで立っていました

私は待ちながらターキーレッグを食べる余裕も やっぱり素早い行動が生死を分ける!
201308312056412.jpg

で、パレードですがチョッと疑問に思ったことがありまして……

次の写真をご覧ください
20130831205641.jpg
これシンデレラなんですが大丈夫なんですかね? ディズ○ーっぽさがハンパないんですが……

他にも不思議の国のアリスも題材になっていましたが、まあディズ○ーっぽくはなかったです

シンデレラにしろアリスにしろ、ディズ○ーのものではないので題材にするのはイイと思うのです

ただ、ディス○ー作品に引っ張られすぎるのはマズいんじゃないですかね?

まあ、噂に聞くディズ○ーの攻撃性を考えると大丈夫なようなので問題ないんでしょうけど


パレードの後は隣駅のシンプルハートホテル大阪に泊まりました

次の日は京都観光、私のテンションもうなぎ上りです
      
            <つづく>

| 2013旅行 | 22:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「2013夏・大阪京都旅行1」

今回の旅行ですが前回とは違って 飛行機 を使いました

なんでそんなことを強調するんだ? と思われるかもしれませんが

実は私、今回が人生初の飛行機なのです

今日日小さい子どもでも乗っている飛行機ですから

家族で乗ったことがないのは私ひとり、周りの人たちもみんな乗ったことがあるようで

こんなことで騒ぐのは私だけなのですが、主張させていただきたい!

初めて飛行機に乗った時ってテンション上がったでしょ? って

やっぱり空を飛ぶっていうのはスゴイことなんですよ

だって、あんな鉄の塊が空飛んじゃうんですよ?


今回私は5時25分成田発のジェットスターで大阪に向かいました

初めてということで色々と驚くことが多かったです

成田空港までは東京駅から出ているバスで行ったのですが

空港敷地内に入る前に検問(?)がありまして身分証の提示を求められました

あれ、これって飛行機に乗る前に見せるもんじゃないの? と思いながらも

今回のために取ったパスポートを見せることに(関空では必要なかったです)

チェックインは事前にウェブでやっていたので、すぐセキュリティーチェックに向かえました


さて、ジェットスターには機内持ち込み荷物の大きさと重さに制限があります

なのでいちいち調べるのだろうと思ったら、荷物を青いカゴに入れて機械に通すだけ

人間は荷物やら何やらを預けて金属探知ゲートをくぐるのですが

機械の内部で大きさとか重さって調べられているんですかね? かなり早く出てきたんだけど

まあ国内線だしね、いいんじゃないかな? ←適当

搭乗券は事前に印刷したものを提出したのですが

なぜか券の下部にあるバーコード部分を 手でちぎられました

突然の超アナログ対応にビックリ致しました|;゚ロ゚|ヒエー

機内は狭い新幹線みたいな感じですが、まあコレは分かってました

で、出発時刻になったのですが一向に出る気配がない

飛行機には多少の遅延はつきものと聞いていましたが、それにしても遅かった

だって出発したのは予定から30分後だったんですよ!( )`ε´( )bu-bu-

なんで遅れたのかも今ひとつわからないし

出発が遅れたことをお詫び申し上げます(無感情)って言われても(´・ω・`)

まあ 安いから仕方ない


やっぱり離陸時はすごかった

滑走路を移動してエンジン音がゴオォォォって強くなって加速加速加速

おおお、って思っているうちに機体が傾いて飛び立ちました

それで上空で大きく旋回して西へ向かったのですが

旋回すごいですね、かなり傾いて変な気分になりましたよ(´┐`)ォェー


空が晴れていて地上もバッチリ見えました

ウチはどのあたりかな~、と眺めていたら

見えました、スカイツリー! ちっちぇえ!!
20130830181401.jpg


続いて見えてきたのは世界遺産にもなった富士山! おっきい!!
201308301814011.jpg

いやホント子どもみたいな感想しか出てこなかったです(^^;)

そして富士山を過ぎて少しした位からでしょうか

雲の中に入ってしまって外が全く見えない状態になってしまいました


さて飛行時間は1時間ちょっとなのでスグだったのですが

ゲートを通る前に飲みきったお茶のせいかトイレに行きたくなってしまって

さらに私は窓際の席で隣二人は寝ていたのでトイレに行くからと起こすのも躊躇われまして

それでかなり我慢していたのですが、さすがにもう限界だ、とトイレに行こうとした刹那

着陸準備態勢に入ったということで、やむなく耐えることに

出発時刻が狂ったので到着時刻もよくわからないまま

一刻も早く空港についてくれることだけを祈って、我慢に我慢を重ねていたのですが

ようやく高度が下がってきて空港に着く、と思い窓の外を見ると

が降りかかっているじゃないですか!

尿意とともに、これから天気どうなるんだろう、と心配になり顔真っ青です

どうやら大阪の天気は雨のち曇りで午前中で雨は止む予報だったようですが

少しずれるだけで残念な感じになってしまいますからね


で、着陸はなかなか激しかったです

ガタンって大きく揺れて眠っていた人たちも目を覚ましたようでした

この一撃は私にはかなりダメージを与えてきましたがなんとか耐えました

空港に着いたのは確か8時5分くらいで、予定から15分遅れだったと思います

関空ではバスでなく空港に直接繋がっていたので一刻も早く、と願っていた私には救いでしたね

で空港の一番近いトイレに駆け込んでホッと一息(*´ο`*)=3

ただ、空港から乗りたかった電車が8時20分発で間に合うかギリギリ

こんどはこっちの心配が浮上する始末

チョッと飛行機大雑把すぎませんかね~? 電車並みとは言いませんけど、もう少し頑張って!

それと帰りに乗るときはしっかり水分調整をしてトイレに行きたくなるようには

ならないようにしようと心に決めた次第でございます
                 
                 <つづく>

明日は大阪USJでの記事を載せる予定です(^^)ノシ

| 2013旅行 | 22:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ようやく帰宅」

ようやく帰って参りました

昨日は帰ってきたのが午後11時過ぎ

シャワーを浴びてを少しだけ外に出して

その後すぐにバタンと寝てしまいました

今日は荷物をだらだら片付けました

しかし疲れがさっぱり取れない

もう若くないのがこういう時にしみじみと感じられてしまいますね(><)

明日からまたブログを書いていきます

取りあえず、明日以降は今回の旅行の記事に加えて

日々のブログを合わせて書いていくつもりです

つまり更新できるときは1日2記事更新になる予定です

それではまたよろしくお願いします(^^)ノシ

| 2013旅行 | 20:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。